読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎

バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎

f:id:arasukkiri:20151001030712j:plain

〈あらすじ〉
 星野一彦の最後の願いは何者かに〈あのバス〉で連れて行かれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」ーこれらの単語を黒く塗りつぶしたマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。

〈あらすじ・ネタバレ〉
 Ⅰ〜Ⅴ章はそれぞれ女の人に別れを告げに行く話である。女性との出会い、別れを告げるシーンが描かれている。星野一彦という男は誰とでも調和的に仲良くできる人間だと印象を受けた。遊び人なワケではなく、肉食系でもない、ギラギラとしたものも感じない、まるでスポーツドリンクのような男だと思った。こういう人を「天性のモテ男」と指すのではないだろうか。

 一方で繭美は大柄(なまはげやモンスター等々の呼称が出てくる)で、言葉遣いが荒く、下品で無礼。周りの人間に不快感を与えることが愉快だと感じている。最初、彼女は異世界人であったり能力者ではないかと思って読んでいたが、読み終わると結局人間だったのかもしれない?とハッキリしない。が、私の中では人間であると結論づけている。ちなみに彼女は私の中で「マツコ+アジャコングを割る2」で再現されている。

 最終章、星野一彦は〈あのバス〉でついに連れて行かれる。繭美は彼がバスに乗らずに済む可能性のある方法を提案する。繭美も一彦の天性のモテパワーにやられてしまったんだろうか。結局、一彦は素直にバスに乗り、繭美が彼を救おうとする描写はあるが、結末は濁されている。そもそも〈あのバス〉は「死への乗り物」みたいに描かれてはいるけれど、ハッキリした言葉では述べられていない。本当に彼は「死」へと向かっているのか?「回送バス」なので「回想」にひっかけているとか?

 各章の女性たちのキャラが際立っていたので一彦を助けにくる的な「最後のあがき」を期待したのですが、ありませんでした。各章を1つの短編として読むととても面白いですが、一連の作品となると私にはマンネリ感があり、少し物足りなく感じました。

 伊坂幸太郎作品では「チルドレン」や「死神の精度」などトンチがきいていて、伏線が張り巡らされている作品が好きみたいです。
 本作は太宰治の「グッド・バイ」(未完で絶筆)のオマージュ作品であるらしいので、太宰作品の愛読者さんたちにはどう感じるのか、是非感想を聞いてみたいものです。