魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

終末のフール 伊坂幸太郎

終末のフール 伊坂幸太郎

f:id:arasukkiri:20150903004950j:plain

  • 〈あらすじ〉

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃、当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまは平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去への恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

終末のフール、太陽のシール、籠城のビール、冬眠のガール、鋼鉄のウール、天体のヨール、演劇のオール、深海のポール、全8章からなる。

  • 〈感想・ネタバレ〉

自分の人生が残り3年だったら?将来に不安がある人は嬉しいかもしれないし、人生が上を向いている人は悔しいのかな。私だったら今の生活を続けるという選択はとらないだろうな。お金があっても意味ないなら仕事はしないし、あと三年という短期間ならば苦手な人と距離を置いてしまうかも。
『じゃあ今の生き方はあとどのくらい生きるつもりの生き方なの?』そう問いかけられた作品でした。

作中に惑星の衝突が明らかになった時点で「どうせ死ぬんだから」と自ら死を選ぶ人がたくさん出てきます。この人たちの「今を生きる」って、「生きてきたこれまで」って何なんだろうと考えさせられました。

太陽のシール」では惑星の衝突によって幸せを手に入れる人物が出てきます。彼は息子が病気で、自分たちの死後の息子が気がかりでした。『生きている間は自分たちが面倒を見れる、が死んだら息子はどうなる』と。でも三年でみんな一緒に死ねる、心配しなくていい、今幸せなんだ、と。
これってすごい。ストンっと納得できて、でも期限付き、続くことのない幸せであることがより強調されて切ない。


私たちはを生きているし、これからも生きていかなければならないので、大きな選択を簡単にはできない。かもしれない。でも本作から「人生は限られている」という当たり前の事に気がついて、改めて自分を見つめ直し、毎日をもうちょっと頑張ってみようかな、と思えた。明日(未来)を考えるきっかけや、鼓舞をもらえるから作品だと思う。

『あなたは、どのくらい生きるつもりで今の生き方をしていますか?』