魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

読書

【感想】本妻の行動が怖いよ~!『さよならの扉』平安寿子

『さよならの扉』 平安寿子 あらすじと感想 さよならの扉 (中公文庫) 作者: 平安寿子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2012/03/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 〈あらすじ〉 野依仁恵(のよりひとえ)は専業主婦。娘たちは家を出たが…

【感想】 『フィッシュストーリー』 伊坂幸太郎 強い想いはどこかで繋がるかもしれない。

『フィッシュストーリー』伊坂幸太郎 あらすじと感想 フィッシュストーリー (新潮文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/11/28 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 64回 この商品を含むブログ (165件) を見る 最後のレコーディング…

【感想】 さあさあ、深い深い落語の世界へ 『こっちへお入り』 平安寿子

☆『こっちへお入り』平安寿子 あらすじと感想 こっちへお入り (祥伝社文庫) 作者: 平安寿子 出版社/メーカー: 祥伝社 発売日: 2010/12/09 メディア: 文庫 クリック: 22回 この商品を含むブログ (3件) を見る 吉田江利、三十三歳独身OL。 ちょっと荒(すさ)ん…

著書「うまくいっている人の考え方」から学ぶ人生を好転させる思考

人生は楽しい方が良いに決まっている! うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書) 作者: ジェリー・ミンチントン,弓場隆 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2013/04/27 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) …

【感想】 『神様のすること 平安寿子』 ”死”というものを考える

『神様のすること 平安寿子』 あらすじと感想 神様のすること 作者: 平安寿子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2010/01 メディア: 単行本 クリック: 3回 この商品を含むブログ (6件) を見る ☆〈あらすじ〉 物語を書くことにしか情熱が持てないわたしが四十…

こんな家族ってありなのか? 『グッドラックららばい』 平安寿子

『グッドラックららばい』平安寿子 あらすじと感想 グッドラックららばい (講談社文庫) 作者: 平安寿子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/06/15 メディア: 文庫 クリック: 5回 この商品を含むブログ (62件) を見る ★<あらすじ> プチ家出から何年も戻ら…

『恋愛嫌い』平安寿子 恋愛だけが幸せじゃない!

『恋愛嫌い 平安寿子』 あらすじと感想 恋愛嫌い (集英社文庫) 作者: 平安寿子 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2011/10/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る ★〈あらすじ〉 女の世界は恋の話題で溢れている。でも、なじめない人間だって…

『新釈 走れメロス』 森見登美彦の書く「走れメロス」がかなりぶっとんでいる

『新釈 走れメロス』森見登美彦 あらすじと感想 新釈走れメロス 他四篇 (角川文庫) [ 森見登美彦 ] 価格:561円(2017/9/23 23:12時点)感想(0件) ★〈あらすじ〉 あの名作が京都の街によみがえる!?「真の友情」を示すため、古都を全力で逃走する21世紀の…

大迫力!壮大!『狼は瞑らない 樋口明雄』

『狼は瞑らない』樋口明雄 あらすじと感想 狼は瞑らない (ハルキ文庫) 作者: 樋口明雄 出版社/メーカー: 角川春樹事務所 発売日: 2003/11 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る ★<あらすじ> 佐伯鷹志は、かつて警視庁警備部警備…

思い出のとき修理します3 谷瑞恵 

「思い出のとき修理します 3」谷瑞恵 あらすじと感想 思い出のとき修理します 3 空からの時報 (集英社文庫) 作者: 谷瑞恵 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/12/16 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) を見る ★<あらすじ> 穏やかに交際を続ける…

『あなたにもできる悪いこと 平安寿子』 ―そのトラブル、利用させていただきます。

『あなたにもできる悪いこと』平安寿子 あらすじと感想 あなたにもできる悪いこと (講談社文庫) 作者: 平安寿子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/12/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る ★〈あらすじ〉 年寄りのセクハラ騒ぎ、教師の…

「思い出のとき 修理します 2」谷瑞恵 を読んで心温まる

「思い出のとき修理します 2」谷瑞恵 を読んだ感想と簡単なあらすじ 思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車 (集英社文庫) 作者: 谷瑞恵 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2013/09/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (8件) を見る ★〈あらすじ〉 …

読書ってこうでなくっちゃ!伊坂幸太郎の『ラッシュライフ』

『ラッシュライフ 伊坂幸太郎』を読み終えたので感想を述べる。 ラッシュライフ (新潮文庫) 作者: 伊坂幸太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/04 メディア: 文庫 購入: 12人 クリック: 133回 この商品を含むブログ (810件) を見る ★〈あらすじ〉 泥棒…

少しの意識でコミュニケーションは劇的に良くなる

「言い方」を変えるだけで、人生は変わる! あなたの能力・魅力は、この「ひと言」で判断される 男も女も仕事で使える「話し方」30パターン―「大切なこと」は、いつもシンプル! (知的生きかた文庫) 作者: 大串亜由美 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2009…

朝日のようにさわやかに 恩田陸

「朝日のようにさわやかに 恩田陸」読み終えました 朝日のようにさわやかに(新潮文庫) 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/05/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ★〈あらすじ〉 葬式帰りの中年男女四人が、居酒屋で何やら…

【感想】『夜は短し歩けよ乙女』偶然を運命にするのだ、黒髪の乙女を手に入れるために!

『夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦』を読み終えました。 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング 発売日: 2008/12/25 メディア: 文庫 購入: 84人 クリック: 1,493回 この商品を含むブログ (714件) を見…

”感じが良い”話し方・”伝わる”話し方

普段生活をしている中で「あ、この人感じがいいな」と感じる人がいるかと思います。会話というコミュニケーション方法を見直して、それが手に入ったらきっと人間関係が良い方向に進むでしょう。「会話」を日常の中で避けることは難しいですね。だからこそ「…

風に舞いあがるビニールシート 森絵都

風に舞いあがるビニールシート 森絵都 風に舞いあがるビニールシート (文春文庫) 作者: 森絵都 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2009/04/10 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (107件) を見る 〈あらすじ〉 才能豊かなパティ…

エディプスの恋人 筒井康隆

エディプスの恋人 筒井康隆 // 〈あらすじ〉 ある日、少年の頭上でボールが割れた。音もなく、粉々になって―――それが異常のはじまりだった。強い”意志”の力に守られた少年の周囲に次つぎと不思議が起こる。その謎を解明しようと美しきテレパス七瀬は、いつし…

クジラの彼 有川浩

クジラの彼 有川浩 クジラの彼 作者: 有川浩 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2007/02 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 97回 この商品を含むブログ (239件) を見る 〈あらすじ〉 『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの…

思い出のとき修理します 谷瑞恵

思い出のとき修理します 谷瑞恵 思い出のとき修理します (集英社文庫) 作者: 谷瑞恵 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/09/20 メディア: 文庫 クリック: 20回 この商品を含むブログ (28件) を見る 〈あらすじ〉 仕事にも恋にも疲れ、都会を離れた美容師…

夜のピクニック 恩田陸

夜のピクニック 恩田陸 〈あらすじ〉 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するた…

虹の岬の喫茶店 森沢明夫

岬の上の喫茶店 森沢明夫 〈あらすじ〉 小さな岬の先端にある喫茶店。そこでは美味しいコーヒーとともに、お客さんの人生に寄り添う音楽を選曲してくれる。その店に引き寄せられるように集まる、心に傷を抱えた人々。彼らの人生は、その店との出会いと女主人…

幸福な生活 百田尚樹

実は百田尚樹さんの作品はじめましてなんです。有名すぎる方の本って意外と逆に手が出せない性分なんです。でも、とても読みやすかったです。この作品ではオチの置き方や伏線の回収なんかが本多孝好さんに似ているなと感じました。(本多孝好さん基準ですいま…

民王 池井戸潤

民王 池井戸潤 〈あらすじ〉 「お前ら、そんな仕事をして恥ずかしいと思わないのか。目を覚ましやがれ!」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父と…

正義のミカタ 本多孝好

正義のミカタ〜Im a loser〜 本多孝好 本多孝好さんの作品を読むのがすごく好きです。ファンなので盲目的な感情がないとは言えませんが、非常に読みやすい文章を書く方だと思っています。 『正義のミカタ』 高校時代までいじめられっ子だった蓮見亮太は、一…

PK 伊坂幸太郎

PK 伊坂幸太郎 〈あらすじ〉 人は時折、勇気を試される。落下する子供を、間一髪で抱きとめた男。その姿に鼓舞された少年は、年月を経て、今度は自分が試される場面に立つ。勇気と臆病が連鎖し、絡み合って歴史は作られ、小さな決断がドミノを倒すきっかけ…

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸 〈あらすじ〉 舞台はアパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿ー共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の…

バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎

バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎 〈あらすじ〉 星野一彦の最後の願いは何者かに〈あのバス〉で連れて行かれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」ーこれらの単語を黒く塗りつぶした…

四畳半神話大系 森見登美彦

四畳半神話大系 森見登美彦 を読んだ感想。 〈あらすじ〉 「私」は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実は程遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかな…