魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【感想】 『旅のラゴス』 筒井康隆

『旅のラゴス筒井康隆 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旅のラゴス改版 [ 筒井康隆 ]
価格:529円(税込、送料無料) (2017/1/18時点)

〈あらすじ〉

 北から南へ、そして南から北へ。突然高度な文明を失った代償として、人びとが超能力を獲得しだした「この世界」で、ひたすら旅を続ける男ラゴス

 集団移転、壁抜けなどの体験を繰り返し、二度も奴隷の身に落とされながら、生涯をかけて旅をするラゴスの目的は何か?

 異空間を異時間がクロスする不思議な物語世界に人間の一生を文明の消長がかっちりと構築した爽快な連作長編。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 いろんな読書家さんのサイトでオススメされていたので、ずっと読んでみたかった一冊です。

 

 このラゴスという男が生涯をかけて旅をする、という話。

行く先、行く先でその存在を認められるのに、ラゴスは次の地へ赴く。一体、何故彼は旅を続けるのだろう?

 

 読んでいくと、ラゴスという人物に違和感を感じる。彼には、”将来の欲”みたいなものが感じられないのだ。

 行く先々で文明を開化させていくラゴスは、その地で『神』や『天才』と謳われ、良い扱いを受ける。この場にとどまれば『将来』安定した生活ができるにも関わらず、『今現在』持っているこの疑問・欲求に対して動くことがラゴスにとっては当然のことのようであった。そうして彼はまた旅へ出発するのだ。

 

 まるでラゴスという人物は『今』しか目に入らないようだ。

奴隷にされた時でさへ「逃げ出す」なんて気持ちはなく、その環境でいかに効率的に過ごすかを考えるラゴスはちょっと人間臭くないなと感じる程であった。

 

 そんなラゴスの唯一(?)人間らしいと感じる部分は、彼の心の中にずっとデーデが居続けたことではないだろうか。

 旅をはじめたばかりの村で出会ったデーデをラゴスは愛していた。彼女もきっと同じ気持ちだった。

 続く旅の中で、時折村へ置いてきたデーデのことを思い出す。

人間臭くない彼の人間臭い部分だと、私は思っている。

 

 何十年という旅を終え、故郷に帰ってきたラゴス。しかしラゴスはまた旅に出る。

最期になるであろう旅はいままでとは全く違う目的を持ったものになるだろう。

 

 

【感想】 『チェーン・ポイズン』 本多孝好

『チェーン・ポイズン』 本多孝好  あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チェーン・ポイズン [ 本多孝好 ]
価格:750円(税込、送料無料) (2017/1/14時点)

 

〈あらすじ〉 

 本当に死ぬ気なら一年待ちませんか?

人気絶頂のバイオリニスト、陰湿な事件の被害者家族、三十代のOL。三つの自殺に不思議な関連性を見出した週刊誌記者・原田は、”死のセールスマン”が運んだらしき、謎のメッセージの存在を知る。

  「命の取り引き」がもたらす意外な結末とは?心揺さぶるミステリアス長編。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 これぞ”本多孝好”作品!という感じ。

 どこで高野章子と槇村悦子の話が入れ替わっていた?

 でも言われてみると、児童養護施設でのショウコ(P56~)の口調がそれまでに比べて男勝りに感じたんだった。すごい違和感を感じたのを思い出した。

 

 この段階ですでに高野章子と槇村悦子の二人が作中には登場していたんだろうか?

だとしたら全然気が付かなかった。

 あ~!もうすでに読み直したい!

私が一人の人格ショウコだと思って読んだ内容、どこが章子で、どこが悦子なんだろう。

 

ミステリー抜きの本筋ストーリーも見逃せない!

 一年後に死ぬことを決めたショウコは仕事を辞めた。そして生命保険に入ることにした。加入してから一年以上たてば、保険金が認められるものにした。

 

 暇を持て余していたところで出会った児童養護施設の存在。子供たちの遊び相手としてそこへボランティアで通うことになった。

 通い始めてしばらくたったころ、園長が倒れ、施設の存続が厳しくなる。

経営者もいない、続けていけるお金もない。施設の子供たちがバラバラになってほしくない、でもお金がない。

 「あと二か月たてば生命保険がおりる」という考えが主人公の頭に浮かぶ。

 

 このお金があれば数年は持ちこたえられるはず

  • あの子は絵がうまいから賞とかもらうようになるのかな
  • この子はきっとモテるんだろうな

と未来を想像するシーン。

 でもその未来のためには”自分の死”が大前提になっていて。

死を決めて、初めて私は私のいない未来を愛しく感じていた。その未来につながっている今のこの世界の何もかもをも、それならゆるせそうだった。(P313)

 

ただかなうことならば、神様、と私は思った。ほんの一目だけでもいい。私がいなくなくなったあとのこの子たちの姿を見てみたい。(P312)

この主人公の気持ちが切なくて、思わず泣きたくなるシーンだった。

 

 本多孝好の作品は”死生”を取り扱う作品が多いが、どの作品もこうジワジワくるものがあって、こんな生き方をしたいな、と思わせてくれる。

 

 

自分磨きができていると、少ない服でもお洒落が楽しめるよ

少ない服でお洒落を頑張ってみたよ

 断捨離ブームに便乗しまして、私もかなり洋服を処分しました。

主に処分した理由はこんな感じです。

  • 古い・傷んでいる
  • 似合わない・着にくい
  • 買ったけど着ていない
  • 似たものがたくさんあるモノ

 結果として、気持ち的にもすごくスッキリしましたし、服がぎゅうぎゅうでなく収納されている様子はとても快感です。

 

 着たい服がすぐ手にとれること・服の手入れに目が届くことが個人的にはすごくメリットです。

 出掛ける直前になって『うわ!毛玉が!』『シワがついてる~』なんてことはなくなりました。

 

 着たい時に、服が着られる状態にあること、これだけで、服の数が少なくてもお洒落ができちゃうんです。

 

雑誌を見ていたって着たいコーデは少しだけ!

 ファッションの参考として挙げられるのが、ファッション雑誌やコーディネートスナップサイトです。

 その中で、気に入ったコーディネート、自分のTPOに合ったコーディネート、などど条件を付けて厳選していくと、手元に残るコーディネートはわずかになります。

 

 それをそもままマネっこするだけで、あら不思議!自分のTPOにぴったりの好みのファッションに!

しかし少ない服で楽しんでいたのに、ある日突然壁にぶち当たってしまった。

 少ない服でお洒落を楽しんでいた私。

 それは突然!デコルテに現れたニキビ

 VネックUネックの無地Tシャツを好んで着ていたのですが、ニキビの出現によってVネックが着られなくなってしまったんです。すごい目立つし、私自身も隠したくて…。

 この事件がきっかけで、持っている服を生かすには自身の状態を最良にしておく必要があることに気が付きました。

 

他にもある!

 

 例えば、着回しのアイテムとして挙げられるノースリーブニット

 シャツを下に着る・ノースリーブとして着る方法がありますね。

個人的にノースリーブニット×細身のパンツ スタイルが甘すぎず辛すぎず大好きです。

 しかし、わき毛の処理が甘かったり、二の腕がたるんでいたら、ノースリーブとしては活用できませんよね?

 

 他にも、細身のニット

一枚で着ても可愛いですし、ジャケットやコートの下に着ても着膨れしない優れものです。

 ですが、体の肉感を拾ってしまうという欠点があります。細身のニットを着こなすには、シェイプアップが欠かせません。

 

 少ない服で過ごしてみてわかったことは

少ない服を生かすには、自分自身の努力や意識が欠かせないということでした。

 

 

クラッシュデニム作りに挑戦してみた!

白のダメージジーンズが見つからない!

 見つからないならば作ってしまおう!ということでいろいろ調べたところ、ダメージジーンズのDIYに挑戦している人はなかなかいるみたい。

 

 準備するものも、やり方も、そんなに複雑そうではなかったので、いざチャレンジ!

 

やり方

matome.naver.jp

 

 こちらのサイトを参考に!

〈準備したもの〉

  • カッター
  • ピンセット
  • 台紙⇒古紙と文庫本に変更

 クラッシュさせたい部分が膝だったので、文庫本に古紙を巻いて代用しました。

古紙を何重にもしたら、文庫本に傷は付かなかったですよ。

 

 

結果はこんな感じ↓

f:id:arasukkiri:20161209212746j:plain

 失敗が怖かったので、安いパンツですが、いい感じに。

白なので、ちょっとぐらい遊んででも、キレイ目スタイルに使えますよね。

 

 カッターでガリガリするのですが、慣れてきたころが危険です!

私も指先チクリとやってしまいました。気を付けて!

 

 力加減としては、

 この膝のクラッシュだと、生地をギリギリ貫通させないぐらい の感じで。

 肌が見えないぐらいのダメージが良ければ、表面を削ぐぐらいの弱い力でひたすらガリガリして縦糸のみを排除するイメージです。

 

 

【感想】『中庭の出来事』 恩田陸 感想と自分なりの解釈

『中庭の出来事』 恩田陸 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

中庭の出来事 (新潮文庫) [ 恩田陸 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2017/6/3時点)

 〈あらすじ〉

 瀟洒(しょうしゃ)なホテルの中庭で、気鋭の脚本家が謎の死を遂げた。

容疑は、パーティー会場で発表予定だった『告白』の主演女優候補三人に掛かる。警察は女優三人に脚本家の変死をめぐる一人芝居『告白』を演じさせようとする。

 

――――という設定の戯曲『中庭の出来事』を執筆中の劇作家がいて……。

虚と実、内と外がめまぐるしく反転する眩惑の迷宮。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 頭が大混乱です。

おそらくこれは、連載小説に慣れ親しんだ人が得意とするジャンルではないかな?と思います。

 ミステリー小説だと思って読むと、終わりがモヤモヤするし、話がいったりきたりするし、なんだこれ!というのが正直なところ。

 私も『???』とはなっていますが、自分なりにいろいろと整理してみました。

話の大筋はこんな感じ?
  • 女性が2人、ホテルのカフェでのシーン

⇒これはおそらく、神谷の脚本のワンシーン。

神谷の脚本の内容は

『とある脚本家が彼の脚本の主演女優発表の場で突然死する。その容疑者として挙がったのが主演女優候補の三人で…』というもの、だと思う。

 

  • だか神谷のこの脚本の主演女優が発表される日、本当に神谷が死んでしまう。

神谷の作った脚本と、現実の神谷の状況が似ているため、読者が混乱する?(それが狙いなのかも)

 こちらの容疑者も女優3人。神谷の脚本の『主演女優候補』の主演女優候補だった女優たち。

 彼女たちは容疑者として、取り調べを受けることになる。

  • こんな感じ(↑)の劇はどうだろうか?と考える劇作家の細渕の登場。

つまり「神谷うんぬん~」というのは細渕が考えているフィクションということ。

 

 「劇作家の細渕という男が脚本を考えている内容なのだな」と思って読み進めていくと、どうやら彼は舞台の上にいるらしい。

つまり彼自身も役者で、劇作家の役を演じているだけなのだということが明らかになる。

 

 

 ミステリー小説だと思って読み進めると、物語が矛盾だらけでおそらくスッキリしないし、謎の解決も出来ない。

 この作品の読み進め方は、小説の世界観だとおもっていた次元が実は、別の登場人物の頭の中で。というところ。

  1. 脚本家が死んでしまったらしい。
  2. という設定のお話ね~
  3. え?本当に脚本家の神谷が死んじゃったんだけど
  4. あ~、これまで全部が、細渕の考えるフィクションか
  5. ってこれ。細渕も役者じゃない?
  6. なるほど!読者は舞台を見ている観客なのか!

 って感じで、読み手の立ち位置が外へと広がっていく。

最終的に読み手自身の立ち位置はどこかを明らかにしていくのを楽しむ小説じゃないのかなあ。

 

 出だしの文章だけで「ミステリーだ!」って食いついた私は相当頭が固くなっていると認識させられました。

 

 

【感想】 三月は深き紅の淵を  恩田陸

『三月は深き紅の淵を』 あらすじと感想 

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

 

〈あらすじ〉 

 鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)『三月は深き紅の淵を』の話。

 たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 ≪三月は深き紅の淵を≫ このタイトルに惹かれ思わず本に手が伸びた。

一説によると「小説が6割、タイトルが4割で小説全体を決定する」とも言われている。

 ”夏空・青空”という言葉だとキラキラした青春小説をイメージするし、”曇り空・雨”だと難解な問題が潜んでいるそうな気がする。

 タイトルの言葉が読者に与えるイメージはとても大きいのかもしれない。

 

 確かに恋愛小説を読まない私は「あなた」や「君(きみ)」といった言葉がタイトルに入る作品はあまり手に取らない気がする。

 知らず知らずのうちに、手に取る本を選ばされているのだと思うと少しおもしろい。

 

 では≪三月は深き紅の淵を≫ではどんなイメージを持つだろうか?

作中では幻の本のタイトルがこの題材と同じ≪三月は深き紅の淵を≫である。

作中の登場人物たちは、このタイトルからどんな内容の作品をイメージしたのだろうか。

 

お気に入りは第2章

 幻の本”三月は深き紅の淵を”の作者を求めて、二人の女性編集者が出雲におもむく…。

 その寝台列車内で繰り広げられる2人の推理合戦が本章の読みどころである。

 

『作者は女性だろうか?男性だろうか?』

『若いだろうか?年をとっているだろうか?』

『一人で書いたのか?複数いるのだろうか?』

 この推理合戦がとても面白い。

何を持ってそう思うのか、読書好きにはたまらなく惹きこまれるやり取りが盛りだくさんだ。

 

 ハリー・ポッターの作者が名を伏せて出した作品が、本人が書いたものだと読み手にはわかってしまった、なんてニュースがあったのを知っているだろうか。

 文章にはその人の”人と成り”””が現れてしまう。

≪三月は深き紅の淵を≫の文章に出てしまった作者像とはいったいどんなモノなのだろうか。

 

 

【感想】きっと愛してしまうんだ 2巻

「きっと愛してしまうんだ 2巻」 一井かずみ 感想とネタバレ

きっと愛してしまうんだ。 2 (フラワーコミックスアルファ)

きっと愛してしまうんだ。 2 (フラワーコミックスアルファ)

 

 〈あらすじ〉

 会社の同期、谷地(やち)と同居をはじめた歩。

はじめこそ戸惑ったものの、彼の素顔を知っていくうちに少しずつ気持ちの変化が…。

そんな中、祖父の退院が決まり谷地は引っ越すという。

何も言わずにいた歩だったが、退院当日、思わず出た言葉とは…?

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 やっと2巻が出たワケですが、絵がだんだん雑になってる気がする。

 

 里中さんという女性キャラが出てくるんですが、彼女も嫌われキャラで、ヒロインも嫌われキャラ(?)というなんともギスギスしそうな設定です。

里中さんは可愛い容姿に可愛い性格で、男性にチヤホヤされてしまうため、『媚を売っている』と嫌われているようです。

おいおい…お前ら、仕事しろーー!

 そんなこんなでボッチ同士、ヒロインと里中さんは仲良くなります。

あ、ちなみに里中さんは婚約者がいるので恋敵にはならなさそうです。

f:id:arasukkiri:20161116213405j:plain

 ちょっと里中さんと歩の区別がつかないページもちらほら。

ちなみに、矢印がついている方が歩です。

 さくっと2人の同居はばれてしまうので、里中さんが2人の焚き付け役になってくれることを期待ですね。

『秘密の共有は距離を縮める』と本で読んだことがあるのですが、その恋愛シチュエーションもさらっと流れてしまいました。残念。

 

 

f:id:arasukkiri:20161116213425j:plain

 あとは、元彼『熊谷主任』の存在かなあ。

絶対に『ヨリ戻そうぜ』的な展開あるよね…?

 2巻ではちょっと大人っぽくて格好良かった彼ですが、歩を振った理由が子供っぽいので、ちょっと戸惑っている私がいます。

 

 谷地が割と弟っぽいというか、友達カップルの彼氏みたいな立ち位置なので、熊谷主任は大人っぽく攻めてくるのかなあ。

 ただ谷地、犬っぽくてけっこう好き!こんな男の人可愛いなあと思っちゃう。

あとは私がヒロインを好きになれる要素がもう少し欲しい!

 

 2巻にして2人(谷地と歩)は両想いっぽいので、意外と長続きしないで、4~5巻で終わる予定なのかなあ。