魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【感想】犯人を導き出せ!: 『伊藤博文邸の怪事件』 岡田秀文

伊藤博文邸の怪事件』岡田秀文 あらすじと感想

〈あらすじ〉

 明治十七年、伊藤博文邸の新入り書生となった杉山潤之助の手記を、小説家の「私」は偶然手に入れた。そこに書かれていたのは、邸(やしき)を襲った、恐るべき密室暗殺事件の顛末だった。奇妙な住人たちに、伊藤公のスキャンダル。不穏な邸の空気に戸惑いつつも、潤之助は相部屋の書生・月輪龍太郎とともに推理を繰り広げる。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 まず初めに…すっごい読みにくい!

 会話が独りよがりというか、長い。名探偵コナンの推理のセリフを文字にするとこんな風なんだろうなって感じ。一人でどんだけ喋るんだ…みたいな。

 

 伊藤博文邸で密室殺人事件が起こった。アリバイを主張できたのは潤之助とその相部屋の龍太郎の2人だけ。2人が事件について探っていると、また殺人事件が起こって…。

 いったい誰が犯人なのか、どのように犯行を起こしたのか。

 

 正直、犯行に関するトリック(?)とか、動機とか、あんまりおもしろくなかったです。

 この作品で一番興味を持ったところは、2人の書生と津田嬢以外はほぼ密偵であるというところ。

 過激な民権活動家が伊藤博文公の暗殺を企てていく情報をつかんだ警察が、博文公の警護と暗殺の詳細を得るために博文邸に紛れ込んでいたのだ。

 当時は、書生を装って邸に入り込み殺害をするという事件が頻発していたため、警察は先回りして潜んでいたのだ。

 

 問題は密室殺害が起こって、潤之助と龍太郎(外からやってきた2人の書生)のアリバイが主張されてしまったということ。

 犯人候補は邸に侵入している警察官となってしまったが…。

まあ、これはつまらないトリックで明らかにされます。

 

 解説では2回の読了をすすめていました。なんか、それぞれの立場が明らかになった状態を頭に入れて読むと、セリフに別の意味が見えてくるらしいです。

 ですが、私はもういいです。私に合わなかったのか、なかなかページの進まない作品でした。

 

【感想】 『残火』 西村健:信念を貫く男の生き様がここにあり!

『残火』西村健 あらすじと感想

〈あらすじ〉

 白昼堂々、議員会館から盗み出された闇献金一億円。犯人は伝説の極道”人斬り秀”こと花田秀次。極道から足を洗った花田はなぜ一億円を盗み、どこへ行く?

 闇献金にからむ議員や暴力団、そして警察が彼を追う。そこには命を懸けた壮大な計画があった。

 講談社100周年書き下ろし&日本冒険小説協会大賞受賞作

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 警察OBの久能、とある会社の社長・矢村、そして一億円強奪犯の花田

 きっと読む人によって、この作品の主人公は変わってくるだろう。私は最初は久能を物語の中心において読んでいたが、最後は花田が中心に居座っていた。

 

 この花田という男、元極道の人間で、組織の中でも信念があるというか、一本筋の通った男であった。

 時はバブル期、極道の世界も例にもれず、金に溺れて行った。「人は金より人情なり」という花田はこの時に極道の道から抜けるのだった。

 

 そんな花田が一億円を盗んだのだ。お金に困ったからという理由は考えられないだろう、なんてったって花田なのだから。一体何のために…?

 ここから警察サイドによる花田の捜索・追跡と、目的を達するまで捕まるわけにはいかない花田の逃走が始まる。

 

生き様ってやっぱり大事だと思わされる

 極道の道にはいたが、人を貶めるようなことをしてこなかった花田。だからこそ久能たちに「なんでこんなことをしたんだ?」と思わせることができた。

 

 一方で矢村も実は元極道なのである。バブル期に得た多額の金で会社を作った。その会社は議員と極道とずぶずぶの関係で、クリーンとは言い難い。

 一億円が盗まれたと報道されて闇献金の存在が明らかになっては困ると彼も花田を追いかける。

 

 花田の逃走を手助けてくれた”ネズミ”という男がいる。実は彼は矢村の手下だったのだ。しかし最終的には矢村を裏切り自害する。

 

 一億円を盗んだ犯人であるのに、読めば読むほど、その人柄に感心せずにはいられない。

花田の目的とは…?

 バブル期に極道の世界も金にまみれた世界にした人物がいる。大場だ。

 花田は大場が煽ったことで極道の世界が金銭第一主義になったことを、ずっと憎んでいた。

 自分の命が絶える前に、大場を葬ることが自分のやらなきゃいけないことだと、そしてそれを世間が大きく報じるために一億円を盗んだのだ。

 

 花田にとって極道とは、闇の世界ではなく、お金などの誘惑に惑わされることのない誠実な世界だったんだな、と思う。そしてそんな世界に相応しかろうと真っ直ぐに生きようとする花田の生き様は格好よく思えた。

 大場を葬ることで、極道の世界をかつての様な一本真っ直ぐ筋が通った世界に戻したかったんだろうか…。

 

只今ファッション迷子なので、スタイルUPを頑張ることにしました

現在の流行りのファッションってあんまり好きじゃない…

 上も下も大き目が流行ってますね。パンツはスキニーが店頭に並ぶことはありますが、トップスは壊滅的!タイト目どころか、普通サイズもあんまり見つけられません。

 

 私は背が低いので、こんな格好をするとお下がりをもらったお嬢ちゃんみたいに、色気が皆無になってしまいます。(悲しいね)

 

 雑誌もお店もなかなかピンとくるモノを見つけられないので、この流行が去るまでは少し買い物は控えようと思います。買い物に出かけても、検討するものすらないので、少し疲れてしまいました。

 

でもお洒落はしたい!⇒じゃあ体を作ろう!

 割と細身のコーディネートが好きなので、今のうちにスタイルをちょっとでも整えることにしました。

 

 エストきゅっ!お尻きゅっ!

 ってなるように、今スクワットと腰を捻る運動(?)を頑張っています。

 スクワットをしても脚が細くなった実感はないんですが、スキニーを履いた時に膝の位置が少し上がって見えて、以前よりもパンツスタイルがきまるように!ヤッタネ!

 

 肝心のお尻も少しだけマシになったよ~。でも劇的な効果があるわけじゃないんだね。もう少し頑張りが必要そうです。もっときゅって、プリってさせたい~!

『スクワット30日チャレンジ』の口コミではスゴイ変化があるように書かれてたけど、私30日じゃ足りないようだ…!

 

 今後は無理せず出来るときに、決められた回数も気にせず、1日50~100回くらいを目安にやることにします。CM中とか、パソコンの立ち上がり待っている間とかにね。あまりガチガチに予定組むと続かない気がするので。

 

お洒落迷走中に、レトロファッションに出逢う。

 いろいろとコーディネートを検索していたらレトロファッションにたどり着きました。着れるかは別として、目の保養です。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/35/bbeff09519e40d7c6f2bcf67898fc0a1.jpg (755051)

 あぁ、オードリー・ヘップバーン可愛い…!

 

 こういう原色を使ったパリっとしたファッションも好きだなあ。

 

 

 これもすごい可愛い!オレンジ×黒の組み合わせ色っぽいね。

 

 こんな格好が似合うようになりたいよー。個人的にはパンツコーデの方が好きだから、いろいろ画像を探してはいるんですが、ミニ丈が流行った時代だったのであまりパンツコーデは見つけられず。

 

 流行は回るって言いますし、現代風にリメイクされて、はやくこの流行が巡ってこないかなあ。

おまけのサザエさん(笑)

レトロなファッションが好きな人!

 アニメのサザエさんってお洒落なイメージないんですが、このサザエさん可愛い服着てますね。色もいっぱい使ってます。お洒落さんやな。

 

手紙をちょっとのぞいてみちゃう!森見登美彦の『恋文の技術』

『恋文の技術』森見登美彦 あらすじと感想

〈あらすじ〉

 京都の大学院から、遠く離れた実験所に飛ばされた男が一人。無聊(ぶりょう;たいくつ)を慰めるべく、文通修行と称して京都に住むかつての仲間たちに手紙を書きまくる。文中で友人の恋の相談に乗り、妹に説教を垂れるが、本当に想いを届けたい相手への手紙は、いつまでも書けずにいるのだった。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 遠くの実験所へ飛ばされた男・守田一郎が友人や妹、先輩に出した手紙のみを私たちは見ることができる、そんな書き方になっている。

 

 不思議なことに、相手からの手紙の内容は見ることはできなくても、手紙でどんなやり取りがあったかが見えてくるのである。

 

 人の手紙を読むというのは、何だか少し気恥ずかしく思えるものだと思うが、そこは森見ワールドである。森見作品の主人公はクセが強いのだ。よって「なんだコイツ!?」という感情を抱いて物語を進めていくこととなる。

 

 そんな変人の守田だが、文通を始めるきっかけとなった出来事が”京都から離れるサンダーバードから少年が赤い風船を飛ばした”のを見たことである。

 これを見て彼は『文通の腕を磨こう』と思ったのだ。そして、その理由が最終章でわかる。実は彼は小学生の時に文通の経験がある。赤い風船に手紙をくくりつけて飛ばしそれを拾った人と文通をしていたのだ。そして彼は顔の見えない文通相手に恋をした。

 

 幼少期の文通は叶わない恋と、庭で出せなかった恋文を燃やしたら救急車がやってくるという黒歴史を彼に与えたのだ。

作者の思うつぼ!

 

 物語を読み進めていくと、「やっぱり手紙って良いな~」と思わずにはいられない。

 

 小学生の時から携帯があった私は、手紙といえば授業中にコソっと回したものぐらいしかないのだ。手紙が主流だった世代は、届いた手紙を読んで相手の過ごした時間を想像したりしてたんだろうか。

 

 手紙に並々ならぬ憧れを抱いていると、なんと『第十一話』で登場人物同士が手紙でやりとりしているではないか!

 「守田に影響されたわけじゃないんだけど、手紙を書いてみたよ」って…!がっつり影響されとるがな。

 

 「ここまで読んできて、文通したくなったでしょ?」って、まるで考えが見透かされた気分だ!本当に私ってば単純!森見登美彦先生の思うつぼだわ。

 

想い人、伊吹夏子さんへの手紙

 恋文に苦い思い出がある守田一郎ですが、想い人がいるのです。仲間たちとの文通を通して、高めた文通力を生かして恋文を書こうとしますが上手くいきません。

 

 送ることのできない失敗作9つも生み出すのです。(これも読むことができます。)

自分を卑下しすぎてはいかん、かといって畏まり過ぎる内容もダメだ。テンションが高すぎても頭おかしい人みたいだし…。

 

 とたくさん悩みに悩んだ結果、やっと一通彼女に贈ることができるのです。

 これはとてもとても長い恋文で「好きです」って言葉は入ってないんですが、好意が滲んでいます。

 

 失敗作を積み重ねていく守田を見守ってきた私としては「頑張れー!伝わってくれー!」と応援せずにはいられませんでしたよ。

 

 そんな守田一郎ですが自身の恋文の最後でこのように彼女に告げています

守田一郎流「恋文の技術」を伝授致します。コツは恋文を書こうとしないことです。僕の場合、わざわざ腕まくりしなくても、どうせ恋心は忍べません。

ゆめゆめうたがうことなかれ。  (P.339)

…やったぁ!

 

 この締めはズルいぞ!「好きです」って言葉より良いじゃないか。ようは「言葉にしなくても、普通の手紙のつもりでも好意がだだ漏れになってしまいます」ってことでしょ?全然守田タイプじゃないのに…!これはズルいぞ!(2回目)

 

【感想】『月の裏側』 恩田陸

『月の裏側』恩田陸 あらすじと感想

 

【あらすじ】

 九州の水郷都市・やなくら。ここで三件の失踪事件が相次いだ。消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきたのだ、記憶を喪失したまま。

 まさか宇宙人による誘拐(アブクション)か、新興宗教による洗脳か、それとも?事件に興味を持った元大学教授・協一郎らは「人間もどき」の存在に気づく…。

 

【感想】ネタバレあります。

 やなくらへ恩師(協一郎)に会いに来た多聞は、失踪事件について彼から耳にする。

 

 失踪事件に巻き込まれた老人たちは、失踪してから戻ってくる間の期間のみ、記憶を失っている(つまり誘拐以前の日常生活の記憶はある)。本人たちもどうしていなくなったのか、どこにいたのか、何をしていたのか、誘拐犯はいるのか、何一つわかっていない。

 

 不思議なことが起こったものだ…と物語はスタートする。

一見すると、ただの謎解きミステリーに思えるが、事件はより深み・気味悪さを含んだものだと明らかになっていく。

 

 

 じつはこの協一郎、弟夫婦が過去に失踪事件に巻き込まれていた。

見た目も日常生活も失踪前と何ひとつ変わらない。でも、食べる速度があまりにも同じであることに協一郎は違和感を持っていた。

箸の運びが同じスピードなんだ。まるで、鏡に映った人を見ているみたいに (p.191)

 

 驚いて振り向くスピードも一緒なのだという。

 その人らしさはコピーできても、まるで無意識のしぐさは範疇外だとでも言いたげだ。

 

 そして猫がどこからか持ってくる人間の部位を模したものの存在。多聞が拾ったのは耳だった。

 

 猫を埋葬するために、火葬場へ持っていったら、何も出てこなかった。普通は骨が残るのに…。なんて事象もあった。

 ここで、猫まで偽物なのか?というか、入れ替わっていたとして、それは生物ですらないのか?という疑問を持つ。

 

ホラーサスペンスってやつなんだろうか?

 物語が進むにつれて大きくなる気味悪さと深まる謎に、一気に最後まで読んだ。

 

「盗まれた」だの「盗まれていない」だのよくわからん。

 最後まで読んだんですけどね、結局何が言いたいのか、「盗まれる」って何なのか、全く分からなかったです。

 あらすじを読んでもちんぷんかんぷん。

 

 あらすじに『郷愁』って言葉がよく出てくるので、辞書も引いてみました。

【郷愁】ノスタルジア・過去をなつかしむ気持ち

 ますますよくわからん。そんな雰囲気あったっけ?いなくなっちゃうのが怖い、自分が取り替えられてしまうのが怖いって内容じゃなかった?

 

 僕たちが生きていると信じているこの現実のほうこそが、そもそも誰かのみている夢なのではないか。 (「解説」より)

う~ん?つまりはこの小説の世界では生物は『盗まれる』のが当然で、多聞たちが信じている『人間として生きる』っていうのが夢物語ってこと?

 

 『盗まれている』のにその期間(つまり失踪期間)は記憶がないから、皆、自分は人間だと思っているけど、本当はそうじゃないんだよってこと、なのかなあ。

 

 え~、結局何が言いたいのかわからん!「盗まれる」理由も読み取れなかったし。

 謎が深まっていく、不可解なものになる、でも気になる!って感じですごい興味をそそられたんだけどな。謎が謎のままで読了感悪いなあ。

 

読書好きで良かった!本を読むメリットはたくさん!

本を読むと、平気で1時間とか経過しててビックリするよね

LINE,ライン,twitter,ツイッター,煽り,レス,使える,画像,まとめ

 ホントにね。時計みてビックリよ。

 私ね本が好きなんですよ。最近読めてないけど。

 本を開くとガーッと読み進めたいタイプなんで、時間が取れない時は本が読めないんです。あ~、本が恋しいよぉ。

 

 CMの間に読み進めたり、10分ずつ読んだりして短時間の読書を重ねて読破する人いるけど、あれすごいよね。何なんだろう、頭の使い方が違うのかな?

 

 好きで読んでいるんで別に気にしないっちゃ、気にしないんですけど、読書にはメリットがたくさんあるそうなのです。

 でも棚ぼた的な?やっぱりメリットがあるのは嬉しいのでちょっとまとめておきますヨ。

 

本を読むメリット大発表~!じゃじゃ~ん!

  1. 言葉・語彙力が増える
  2. 読解力が上がる
  3. 想像力が豊かになる
  4. 説明が上手くなる・相手に伝わりやすい文章が作れる
  5. 引き出しが多い

 

 すごいすごい!

 私は、大人になってから(大学生の時に)読書が好きになったんですが、もっと早く本を手に取っておけば良かったなと切実に思います。

 大人にとってもメリットには変わりないんだけど、こういうのは学生の時の方が実感できたんじゃないかな。時間もあったしね。話し上手っていうのも憧れる。

 

 もっと読書量があったら、面白いブログが書けてたんだろうか。ちくしょーっ!なおさら悔やまれる!

 

 現代っ子は文章力が下がってきている!?

 ちょっと前に新聞で読んだんですけど、今の子って長文の読み書きができなかったり、句読点が打てなかったりする子が増えているんですって。

 

 大学入試の小論文で、『一字下げ』をしない受験生もすごく多いんだとか。受験生に限らず大学生もレポートなんかで『一字下げ』を出来ていなかったり、段落別けがわからない学生さんがすごく増えているんだって。

LINE,ライン,twitter,ツイッター,煽り,レス,使える,画像,まとめ

 どうです?文章書けないなっていう自覚あります?

 ちなみに私は、大学入って初めてのレポートは修正だらけで真っ赤になって返ってきたよ。でも最後はちゃんと出来るようになった(と思う)から、”慣れ”もあるのかなあ。

 

 で話戻るけど、その文章力の低下に大きく起因しているのがtwitter『LINE』なんだとサ。

スタンプや短文でのコミュニケーションに慣れすぎちゃって、文章が構成できなくなっているんだって。恐ろしい弊害だな…!

 

 でもねでもね、私からすると若い子の発想力ってすごいと思うの。

『フロリダ』とかね「お風呂入るから(会話から)離脱するね~」って意味なんでしょ?私は使ったことないけど、ちょっと可愛いよね、「フロリダ~、後でね」とか。

もう、若者言葉とか使わないオバさんなんだけど、使ってみていいかしら。

 

満足感や幸福感は客観じゃない、主観だよ!

「平均、平均」うっさいんじゃあああ!

2ch, LINE, twitter, まとめ, ネタ画像, レス, 煽り1095

 「良い大学を出てたら、高所得」とか「結婚は〇歳までが普通」とか、平均的に~、一般的に~、統計取ったら~って言い方が私はすごく嫌いです。

 なんか、そのレールに乗ってない人間は出来そこない、みたいな?

 良い例外も悪い例外も世の中にはたくさんあるし、「学歴ないけど高所得」っていうのももちろん素晴らしいし、「高学歴だけどフリーター」っていうのも別にダメなことじゃないのに。

 

 周りから見てダメでも、自分が満足だったら幸せだし。周りから羨まれてても、自分が納得できてなきゃ辛いし。何でこれが伝わらないかなあ…。

 

何でも持っていた学生時代、満たされなかった学生時代

 ホントね、何でも持っていたんですよ。

勉強も出来たし、運動もできた、部活も良い成績だったし、リーダー的なことも何回もやった。ルックスはまあ一番は無理でも誰かしら声かけてくれるかな~くらい。お金も困ったことない。彼氏もできたし。

 平均?いやいや、圧倒的上位を歩いてましたけど?(笑)

 

 でもねぇ、満たされなかったんですよね。

2ch, LINE, twitter, まとめ, ネタ画像, レス, 煽り835

 「贅沢だ…!」って思います?

 でもね、これ偶像なんです。割と器用なところは昔からあったんですけど、空気もね、読めちゃう子だったんです。だから大人が求める子供像をね、作っちゃったんですよね~。

 どこかで壁にぶち当たればよかったんだけど、それができちゃったもんで、ずっと優等生であるために頑張って生きてたわけです。

 

 何で満たされなかったか?って言うと、失敗や挫折を周りに見せれなくなっちゃって、出来る私じゃないとダメなんだ、そうじゃないと好きになってもらえないっていつの間にか思っちゃってたんですよね。

 

 ありのままの自分じゃダメなんだ(その時はもはや素の自分が分かんないんだけど)って思うと、不安感や孤独感は感じるのに安心感は得られないんです。親でさえもいい子じゃないと愛してくれないと思っちゃってるの。

 そして、いわゆる夢や自我を持たない真面目系クズってやつの誕生ですわ。

 

 と、まあ一般的に言うと?すっごく将来有望な子供だったけど、これってどうよ?っていう私のお話でした。

 こんな生き方が幸せだと思うなら、どうぞどうぞって感じよ~。

私的にはちょっと勉強できなくても、運動が苦手でも、偽りない愛に囲まれて毎日楽しそうな子の方が羨ましかったよ。

 

「いつまでそう生きるつもりで過ごしてんの?」という言葉に衝撃を受ける

 どこで見た言葉か全然覚えていないんですが…

「頑張らなくちゃ!」って必死になっている社畜さんに「あと40年もそうやって生きてくの?」って返答が衝撃だったんです。

2ch, LINE, twitter, まとめ, ネタ画像, レス, 煽り582

 「あと何年頑張るつもりで、そのペースで生きてんの?」って。もうね目から鱗よ。

 

 私も平均寿命まで生きるとしてあと60年。ずっとこんな満たされない気持ち抱えて生きていくのかって考えたら「あ、無理だ」って。

 

 本当はダメダメな私でも愛して欲しいと思っているんだけど、他人にそれを求めるのはね、難しいかもしれないなあって。

 だから、まずは自分が自分自身がダメダメでも許容してあげれるようになりたいなっていうのが目標。

 

 事故や病気がない限りは、あと60年は生きてかなきゃいけないワケですから、優等生はちょっとペースダウンです。そして、たまには自分を甘やかしてエネルギー補給しちゃったりなんかして。

 あとは好きなことが見つかったらベストなんですけどね~。これがまた分からないものなんだ!

 

 きっと「一般的には~、世間的には~」って主張する人から見たら、向上心のないダメダメウーマンなんだけど、昔より今の過ごし方の方が心が楽なの。

 さあ!私はこれから10代で失った自愛を取り戻して生きていくのですわよ。(宣言!)