読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

大人にだって『食育』ってあると思うんです。

食育とは…

 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。

 食に関する知識を身に付け、健康的な食生活を実践することにより、心と身体の健康を維持し、生き生きと暮らすために、食育を通じて、生涯にわたって「食べる力」=「生きる力」を育むことが重要になっているのです。

 

 食育によって身に付けたい「食べる力」には、食事を通じて「心と身体の健康を維持できること」、「食事の重要性や楽しさを理解すること」、「食べ物を自分で選択し、食事づくりができること」、「家族や仲間と一緒に食べる楽しみを味わうこと」、「食べ物の生産過程を知り、感謝する気持ちを持つこと」などが含まれます。

 

 参照⇒「食べる力」=「生きる力」を育む 食育 実践の環(わ)を広げよう | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

 

こんな記事を発見したよ

発言小町には5月15日、妻の料理に不満を持つ男性がトピックを立てた。タイトルは、「僕は愛されていないのでしょうか?」。トピ主は結婚3年目の27歳男性で、年収は約600万円。子どもはいない。妻はどれほどひどいのか。

「キャベツだけの炒め物で良い」妻の愛情を感じたい

 

男性が妻に対して抱く不満をまとめると、以下の通りになる。

・朝食は惣菜パンで、妻は寝ている。
・昼食に弁当が用意されるが、ご飯にふりかけ、自然解凍のおかず3品のみ。スカスカで片方に寄るのが嫌だ。
・夜はご飯、キャベツ、おかずが一皿で出てくる。量が少なく、ご飯はお代わりできない。
・帰宅前にコンビニおにぎりを食べるが、妻にバレて怒られた。
・味噌汁が好きなことを伝えているが、一向に作らない。インスタントを自分で用意。
・トピ主の実家から送られる食材を出さず、何度も腐らせている。

 

 こうした状況にトピ主は、「料理から妻の愛情をどうしても感じない」と胸中を吐露。失敗でもいいから妻の料理を食べることを望み、「キャベツだけの炒め物でいい」「夫をお腹いっぱいにさせたいという妻の愛情を感じたい」と悲壮な思いを綴り、「実家の食材が捨てられるのは、とても悲しいです。妻に愛されていないのでしょうか。それともワガママ過ぎますでしょうか。ご意見お願いします」

と投げかけた。

引用⇒https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-6314/

 

 これに対して「あなたはただのATM」「子供がいないうちに離婚した方が…」「これじゃ愛情を感じられないね」という意見と「愛があれば料理が上手くなるわけじゃない」「妻はトピ主の母親じゃない」という意見もあった。

 

 私自身、母があまり料理が好きでなく、買ってきたものが出てくることが多く、淋しく思ったものだ。(ご飯を炊くことさえ面倒くさいんだって!)

 『母・料理・手抜き』と検索すると同じような悩みを持つ人がたくさん出てくる。

 「もう少し手の込んだものが食べたい」とお願いしても「めんどくさい・料理は好きじゃない」と相手にしてもらえず、とても悲しかったことを思い出した。

キレイな料理が食べたいワケじゃない!

 私も料理をするので、その大変さを少しは理解しているつもり。

2時間かけて作ったものが30分足らずで食べ終わってしまうことに、「なんだかなあ」と感じたことがないとは言えません。それでも!

 

 買ってきたオムライスよりは、卵が切腹されていても家で作ったオムライスの方が好きだし、買ってきたお寿司よりも、具のレパートリーが少々すくなくても家でやる手巻き寿司の方が好きだったりします。

 

 別にデミグラスソースを1から作って欲しいとか、惣菜を1つも使って欲しくないとかは思っているワケでは決してなくて…

 例えば、餃子ならば買ってきてそのまま食べれるものじゃなくて、家で焼くとか。生姜焼きも、タレは市販で構わないから、家で焼くとか。

 たったこのひと手間で、満たされるんですけどね。

 

 「妻は母親じゃない」って言える人は、あたたかい食に恵まれてきたんだなあと羨ましく思います。

 

 食事のあたたかさは、心のあたたかさにも通ずるものだと思うし、大人だって作り手の見えない食ばかりじゃ心が冷え切ってしまうと思うのです。

 味覚が全く合わない・味音痴以外は、毎日手間のかからない料理では、やっぱりさみしいと思います。

 

 

「天才!志村どうぶつ園」 保護ネコゼロ部の活動を通じて私たちも考えよう!

天才!志村どうぶつ園!』の「保護ネコゼロ部」が勉強になる。

 保護をしたネコ、捨てネコを減らすためにできることとは?私たち人間とネコにとって幸せな生き方とは?殺処分を減らしたい。

 なかなか正解が見えてこない問題だとは思いますが、私も勉強していきたいなと思っています。

 

『保護ネコゼロ部』の活動で知った事実

 子猫の多くは保護施設で飼育しきれず、殺処分対象になりやすい。

 

 子猫は体を温めてあげる必要があったり、まだ自分でご飯を食べられない(ミルク)、トイレが出来ない月齢の子猫は2~3時間おきに、お世話をする必要があります。

 保護施設で24時間勤務をしているところは少ないので、子猫の面倒を見続けるのが厳しいというのが現状なのです。

 そのため自分でご飯・トイレが難しい月齢の子猫は2~3日で殺処分施設へ送られることが多いのだとか。

 

 5月20日の放送で子猫にミルクをあげ、トイレを手伝うシーンが有りましたが、確かに根気の要るものだと感じました。1匹だけでも大変な作業だと見えました。

 子猫も大人ネコも複数匹保護していて、1匹にかけられる時間も手間も限りがある保護施設では、やはり月齢の低い子猫は難しいのだろうな、というのが正直なところです。

 

 「飼うならば子猫からが良い」という声も良く聞きますし、このように考える人は多いでしょうが、実は飼われる可能性の高い子猫こそ保護が難しいという現実があるのです。

 この噛み合わなさに悔しさを感じます。

 

 どうすれば、捨てネコ・保護ネコ・殺処分されてしまうネコが減るのか?

難しい問題ではありますが、今後の『保護ネコゼロ部』の活動を通して勉強していきたいと思います。

 

 

【感想】 『私たちが星座を盗んだ理由』 北山猛邦 ラスト数行への伏線を見逃すな!

『私たちが星座を盗んだ理由』 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

私たちが星座を盗んだ理由 (講談社文庫) [ 北山猛邦 ]
価格:831円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)

〈あらすじ〉

 難病の女の子を喜ばせるため、星座を一つ消して見せる男の子を描く表題作ほか、5つの物語のすべてに驚愕のどんでん返しが待つ、ファンタジックな短編集。

 優しく、美しく、甘やかな世界がラストの数行で残酷に反転する衝撃は、快感ですらある。まさに、ミステリの醍醐味!

  • 恋煩い
  • 妖精の学校
  • 嘘つきの紳士
  • 終の童話
  • 私たちが星座を盗んだ理由

 

『恋煩い』『嘘つきの紳士』

 わりと読んだことがあるタイプの内容だと思います。裏切り者は近くに居るパターンですね。

『恋煩い』は土屋太凰さんでドラマ化されていました。

 ただ原作に忠実か?というわれるとかなり改変されている印象。私はドラマを見た後に小説に出会ったのですが、「似たトリックの作品があるのだなあ」と別作品かと思ったくらいの設定一致レベルです。

『妖精の学校』

 まず最後の一文『 20° 25' 30'' 136° 04' 11""』が何を表しているのかという謎にぶち当たります。これは沖ノ鳥島の座標を表しています。

 

 記憶を失った子供がある世界(島)に閉じ込められる。情報・知識が欠けた子供視点で環境が描写されているので物語の読解がより難しくなっています。

 

  •  杖のようなものを持つ魔法使い→警棒を持った軍人?(自国の?)
  •  巨大な黒い『影』→ヘリ

 を指しているのではないかと推測します。

 

 子供たちがどのように連れてこられたかは謎ですが、連れてこられた理由は沖ノ鳥島の所有権を得るため”だと思われます。

 島に人を住まわせることによって、島の所有権を得ようとしている、そのための人材が”妖精になる子供”なのだと思います。

 

 その場所は何処にも属さない! (p.107)

という敵対国(と思われる)からのメッセージの存在があります。

 

 図書室の本に隠されたメッセージ

 やがて訪れる妖精候補の君たちに告げる

 逃げろ!

 今すぐに逃げろ!  (p137)

 はおそらく自国の人間から出されたもの。

じゃあ、果たしてヒバリたちの未来は…?

 内容をひも解いていくと、残虐なやり方が見えてきて、ゾワッとします。

 

『終の童話』

 物語の結末を読者の想像にまかせるリドル・ストーリーになっています。

 

 石喰いという人間を石像にしてしまうモンスターが現れて村は大パニック!十数年、悲しみにくれ過ごす人々の前に、石像にされた呪いを解くことのできる男、ワイズポーシャがやってきて…。すると村では何者かによって石像が壊される事件が出てきて…。

 

 ウィミィはずっとその日を待ち続けていたが、エレナ姉ちゃんの劣化は激しく、呪いを解いても長生きできないと告げられる。

壊す・すぐ絶命すると知りながらも生き返らせる・そのままにしておく

 どの選択を彼が取ったのかは明記されていませんが、行動をとる前に『彼女を強く抱きしめた』のが切なくて仕方がないです。14年も待ったんだもの。

 

ウィミィはついに決断し、それを手に取ると、立ち上がった。 (P.311)

 とあるので、アイテムを手にしている、つまり彼女を石像のままという選択は薄いのかな、とも思いました。しかし、ワイズポーシャの死によってその選択も可能ではあるんですよね。

 

 1つ言うとすると、石像壊しの犯人は独白じゃなくて、謎解きっていう形で明らかになって欲しかったです。”傷だらけの石像”とか伏線はいくらでも作れるでしょうに!

『私たちが星座を盗んだ理由』

 表題作ですね。実はこの題名に魅かれて本作を手に取りました。

 

 夕兄ちゃんが時間を気にする素振りがチラホラあるので、先の展開が読めてしまった感が否めません。

 星座の盗み方うんぬんはロマンチックだとは思うんですが、天文学に興味がない私にはいまいち響きませんでした。

 三人の気持ちの交差が読みどころにあるので、『私たちが星座を盗んだ理由』というタイトルが生きてくるのかなあと思います。

 

 

【読書】 平安寿子 作品 感想 【一覧】

平安寿子(たいらあすこ)

 アン・タイラーに触発されて小説を書き始め、1999年素晴らしい一日でオール讀賣新人賞を獲得する。2001年に同作を含む素晴らしい一日で単行本デビュー。

 ごくごくありふれた日常を、独特のユーモアとアイロニーを交えて描いた作品が多い。そんな軽妙でユーモアとアイロニーを織り交ぜた独自の作風で幅広い層から支持されている。

 基本ポリシーは「人間関係のコメディを書くこと」と月刊ジェ・ノベル(2013年8月号)で答えている。

 

【作品 感想 一覧】

!! 一般的な書評をまとめたものではなく、個人的な読書感想文です。随時更新予定。

 

 

「ぬるい男と浮いてる女」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「さよならの扉」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「こっちへお入り」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「神様のすること」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「グッドラックららばい」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「恋愛嫌い」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「あなたにもできる悪いこと」

arasukkiri.hatenablog.com

 

【読書】 伊坂幸太郎 作品 感想 【一覧】

伊坂幸太郎

 2000年『オーデュボンの祈り』でデビュー。

 島田荘司から多大な影響を受け、「島田作品はとても好きですね。島田荘司さんがいなかったら、プロの作家になろうなんて思わなかったような気がします」と多数のインタビューにて語っている。

 作風が村上春樹に似ていると話題になるが、本人は影響を受けていないと明言している。

 

 多くの作品間で舞台設定、登場人物や事件などのリンクがある。また、同名でありながら違うキャラクターとして、複数の作品に登場する人物もいる。これは夢枕獏島田荘司らの作品からの影響を受けている。

 

受賞歴

伊坂幸太郎 - Wikipedia 参照

 

【作品 感想 一覧】

 !!一般的な書評をまとめたものではなく、個人的な読書感想文です。随時更新予定。

 

 

「フィッシュストーリー」

arasukkiri.hatenablog.com

 

ラッシュライフ

arasukkiri.hatenablog.com

 

「PK」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「バイバイ、ブラックバード

arasukkiri.hatenablog.com

 

グラスホッパー

arasukkiri.hatenablog.com

 

「終末のフール」 個人的オススメ!

arasukkiri.hatenablog.com

 

「チルドレン」

arasukkiri.hatenablog.com

 

「死神の精度」 第57回日本推理作家協会賞 受賞作

arasukkiri.hatenablog.com

 

ジャイロスコープ

arasukkiri.hatenablog.com

 

『残り物全部バケーション』

arasukkiri.hatenablog.com

 

 

【読書】 恩田陸 作品 感想 【一覧】

恩田 陸

 1992年六番目の小夜子でデビュー

 郷愁を誘う情景描写に巧みで「ノスタルジアの魔術師」と称される。ファンタジーの賞からデビューしたが、ジャンルの枠にとらわれず、SF、ミステリーまたはクロスジャンルの作品と、幅広く執筆している。

 作中で描かれる風景は実在していることが多く、電車やバスに乗り旅行して車窓からずっと何時間も小説の種となる特異な風景を探している。

 

 受賞歴

 ちなみに、同作品の直木賞本屋大賞のダブル受賞及び同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初である。

恩田陸 - Wikipedia 参照

 

【作品 感想 一覧】

 !!一般的な書評をまとめたものではなく、個人的な読書感想文です。

 随時更新予定。

 

 『不連続の世界』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『中庭の出来事』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『三月は深き紅の淵を』 個人的オススメ!

arasukkiri.hatenablog.com

 

『ドミノ』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『ユージニア』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『朝日のようにさわやかに』

 

 ネバーランド

arasukkiri.hatenablog.com

 

『光の帝国』

arasukkiri.hatenablog.com

 

 『木漏れ日に泳ぐ魚』

arasukkiri.hatenablog.com

 

 夜のピクニック』 第26回吉川英治文学新人賞・第2回本屋大賞 受賞作

arasukkiri.hatenablog.com

 

 

漠然と幸せになれる気がしないんだけど、そもそも自分にとっての『幸せ』が何かさえわかっていないんだ。

理由はないけど、何となく幸せになれない気がしている

 特に何があったわけでもなく、何となく、本当にただ何となく自分は幸せになれないんじゃないか?って感じている。

 

 「幸せになりたい」とか「幸せでありたい」とはもちろん思うけれど(不幸になりたいなんて思う人いないよね。)、じゃあ自分にとっての『幸せ』ってなんなのか?って考えた時に何も浮かんでこなかった。

 

 

  • 結婚?

 結婚願望は特にない。結婚したくないわけじゃないけど、しないならしないでそういう人生だなって思うくらい。子供に対しても同じ考え。

 「結婚相手と恋人はイコールじゃない」って考え方がイマイチ納得できないくらいには優先度が低い。結婚に相応しい人の中から、好きになれる人を探すっていうのがよくわからない。

 

 あとアセクシャル気味?(これはちょっと悩み)診断を受けたわけじゃないから、自己判断でしかないけどこれじゃないかなって。

 もちろん、まだ好きになれる人に出会ってない可能性も捨てきれないけど!理想のタイプとかもなく、選別しているつもりも無いんですけどね。

 

 一応お付き合いの経験はあるけれど、”人として好き”と”異性としての好き”の違いは分からなかったなあ。恋人という地位が明確になってやっと、相手のことを大切なんだって実感する感じ。

 逢いたくてふるえたことは無い、と思う。

 

  • お金?

 「最低限はないと」とは思うけれど、あまり多くを欲したことはない。

 周りを見ていると、どうやら物欲も低いほうみたい。

 自分の時間とエネルギーを引き換えに、お給料をもらっていると思っているから、何か自分に還元できる使い方(いわゆるご褒美)がしたいんだけど…。

 

 「お金が余っているから無駄遣いしたいんだ!」ってことではないので、今は有意義なお金の使い道を模索中。検索しても『貯めとけば?』って回答が多いね。

 あ!猫を飼いたい!お金も愛情もたんまりかけて可愛がりたいです。

 

みんな、どんな時に「幸せだなあ」って思っているの?

 心理学では「笑う」と幸せになれるそうです。作り笑顔でも良いんだって。筋肉の動き方で脳が「笑ってる~、幸せだあ」って判断するらしいです。

 確かに、笑顔が多い人は幸せそうというか、充実している印象は受ける。

 

 この前『イッテQ』観たらめっちゃ笑ったから、ひとまずイッテQ動画をあさって観てみることから始めてみようかな。

 

 ただ、「笑顔で幸せ」って心が満たされるかどうかってことじゃなくて、鬱病になりにくいとかそういうレベルの話だよね?求めてるのはそういうことじゃないんだけどなあ。