読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【感想】 『ナイト&シャドウ』 柳広司

『ナイト&シャドウ』柳広司 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナイト&シャドウ [ 柳広司 ]
価格:810円(税込、送料無料) (2017/4/23時点)

〈あらすじ〉

 世界最強の警護官集団「シークレットサービス」での研修のとめ渡米したSP首藤(しゅとう)は初日、フォトジャーナリストの美和子と出会う。

 国際テロ組織が大統領暗殺を予告し緊張が走るなか、美和子が誘拐される。首藤は相棒バーンと共に警護を完遂し、彼女を助け出すことができるのか。

 圧巻のボディガードミステリ。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 ミステリー要素ももちろんおもしろかったですが、それと同じくらい様々なことを考えさせられた内容でした。

 

 SP vs テロリストといわれると「正義 vs 悪」という図を想像しますが、そう単純なことではなく…。

 一般的に”テロリスト””テロリズム”という存在から浮かぶのは理不尽や無差別、残虐といったところ。ただ彼らにもそこに至る背景があるのだと考えさせられました。

 

 本作では「アメリカの銃規制が進まない」ことが要因でテロを計画するキャラクターが出てきます。

 銃を用いた無差別なテロに巻き込まれて妻を亡くしたケインは、銃規制の活動を熱心に行ってきました。が、新大統領の誕生により今までの活動がふりだしに戻ってしまう。

 しかも、銃規制が為されないにも関わらず、大統領の行く先々では危険物(もちろん銃も)の持ち込みは禁止されているのです。

 この”矛盾”どう感じますか?大統領とこのテロリストの考え方、どちらが善でどちらが悪でしょうか?

 

 

 読み終えて気が付くんですが、テロリストを特定するヒントが至る所に少しずつ散りばめられていて、伏線を回収するのが見事でした。

 

 「美和子の姉」と聞いて日本人を想像してしまう点や、「白人」ときいて外国人を想像してしまう点。思い込みを覆されるという本ならではの面白さが有る作品でした。

 

 またシークレットサービスの研修内容や想定練習なんかは、詳しく描写されていて、目新しくて興味深いと共に、改めてカッコいい仕事だなあ、と。

 

 首藤の堅物で寡黙なキャラクターも作品にバッチリだったし、少し頼りない上司バーンと徐々にバディ(相棒)として様になっていく様子は、こういうジャンルならではですごく楽しいです。

 

 そういえば「警護対象に銃口が向けられたときは避けてはならない(つまり避けて守るのではなく、盾になって銃を受けろ)」という教えが出てくるのですが、これと同じようなフレーズを樋口明雄の作品でも見たことがあります。

 もしかして、SPや警察を描いた作品ではマストなことなのかもしれませんね。

 

 

【感想】 『アイスクリン強し』 畠中恵

アイスクリン強し』畠中恵 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイスクリン強し [ 畠中恵 ]
価格:596円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)

〈あらすじ〉

 お江戸が東京へと変わり、ビスキット、アイスクリン、チヨコレイトなど西洋菓子が次々にお目見え。築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、念願の西洋菓子店・風琴屋(ふうきんや)を開いた。今日もまた、甘いお菓子目当に元幕臣の警官たち「若様組」がやってきて、あれやこれや騒動が…。キュートなスイーツ物語。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 時は明治二十三年、真次郎が西洋菓子店「風琴屋」を開店させたところから物語は始まる。

 この「風琴屋」に集う人々は、真次郎の幼馴染みで黙っていれば美少女の小泉沙羅。同じく幼馴染みで巡査を生業にする長瀬。それから長瀬を中心とする元幕臣の警官たち「若様組」といった人たちだ。

 

 あれやこれやと風琴屋には事件が舞い込んできて…。

 

 本書の冒頭にも描かれているが、江戸から明治への時代の移り変わりは、人々の生活も大きく変化させた。

 衣服は和装から洋装へと変わっていき、男はマゲを切り落とすこととなり、武士という職は無くなっていった。開国が始まり新しい文化がたくさん入ってきた。その一つが西洋菓子いわゆるスイーツなのである。

 

 

 事件が起きたり、巻き込まれたり、乙女の恋心と嫉妬心を垣間見たり、病気に立ち向かってみたり。問題を持ち込んでくるのはいつも長瀬なのだけれど…。

 

 時代にうまく順応できない人々を描いた章や、貧困、戦争、貿易などを題材にした章がある。それらが”食”(本作では西洋菓子)に関係して、解決していく様が見事だと感じた。

 

 真次郎と沙羅の関係も絶妙な余韻が残されていて、読者の想像がかきたてられる。両片思いではあるだろうが、恋仲になるにはもう少し時間がかかりそうだ。

 

 時代の移り変わりに翻弄されながらも、強く楽しくガヤガヤと生きていこうとするキャラクター達が微笑ましく感じられる作品だった。

 

 

"ちょっとそこまで" を自転車にしたら快適すぎた

徒歩→自転車に変えたらすごく楽だったよ

 お休みの日はダイエットも兼ねて、近場限定ではありますけど歩いて買い物へ行っていました。

 ところが最近、自転車で休日を過ごすようになりました。

これが私には合っていたみたいで快適でした。

  • 体力的に楽チン・時間も短縮
  • 移動距離が多くても大丈夫

 

言わずもがな!体力・時間の節約に

 徒歩に比べると、ものすごく楽です。そして速いです。

 ペダルを漕いでスイスイ進むと、風を体に受けるので、体が熱を持つこともあまりありません。

 

 消費カロリーは多くはないけれど(400kcal/h)、自転車は疲労感を感じにくく長時間の持続が可能なため、ダイエットにも向いているそうです。

 確かに、ウォーキング30分は結構しんどいけれど、サイクリング30分ならあっという間かもしれません。思い出してみると、私も30分ぐらいなら自転車に乗っています。

 

 私服でヒール(パンプス)を履くことが多いのですが、ヒールの擦り減りもぐっと減りました(当たり前ですが)!もしかしたら、ちょっとした節約につながっているかも?

 

移動距離があってもヘッチャラ!

 徒歩メインだった時よりも遠出をするようになりました。といっても自転車で行って帰ってこられる距離なのでたいした距離ではありませんが。

 やっぱり楽であるということと、時間がかからないということが大きいと思います。

 

 休日に古本屋めぐりをすることが多いのですが、家を挟んで逆方向に1軒ずつ古本屋があるんです。

 これまでは、1日に片方のみしか行くことができなかったのですが、今では2軒はしごします。

 お目当を貪欲に求めて自転車をこぎまくる、そんな休日も悪くないです。

 

 この時期は散りゆく桜吹雪の中を走るのが、とても好きです。

 逆に水辺に近い道は虫が多いので、あまり好きじゃないです。あいつら的確に口と目を狙ってくるから!皆さんも気を付けてください。

 

 

買い続けていた漫画(連載中)の断捨離に成功しました。

いわゆる作者買い。今後に期待も有りだけど…。

 

 まだ連載中の作品を途中で追いかけるのを止めてしまうこと、すごく勇気が要りました。お金かかってるし、ね。

 手元に数巻あるので、今後に期待して買い続けてみるべきか?とも思ったのですが、お気に入りの漫画も別作品で有りますし、無理にこの作品を所有する必要もないだろうということで売ってきました。

 

 最新巻を手に入れて、その2日後には売りに行きました。

それでも430円 ⇒ 120円 にしかなりませんでした。悲しい。

 現在3巻まで出ている作品なので、3巻全部買い取ってもらって合計340円のみ。とほほ…。

でも、意外と気持ちはスッキリしています。実はあんまり好きじゃなかったのかな。

 

それでも、買っていた漫画の愚痴を言わせてくれ~!

 ※これはその作者さんじゃなくて、嵐の櫻井くんの絵です。

 そもそも絵が下手なんですよ。個性と思って我慢してたけど、下書きみたいな絵ばかり。キュンとなるコマが落書きみたいなんだぜ?コマによっては意外と櫻井くんの上の絵と良い勝負かも。なんか、丁寧さを感じない漫画なんだよなあ。

 

 次に、話が進まない。ただ、これは好みの問題かもしれない。実際にレビューには「じれったくて良いです。」って意見もみることができたので、私には合わなかったんでしょう。

 

 さらに、漫画は社会人設定なんですが、その会社の社員の民度が低すぎる。

f:id:arasukkiri:20170412181248j:plain

 この女性社員なんて行動が意味不明。わざと聞こえるように言うことはあっても、本人に直接いうバカいる?

 他にも好きな子はいじめたいっていう小学生みたいなアプローチする社員もいるし。

ヒロインも含め感情と口が直結しちゃっているキャラクターが多いんですよ。あなた達大人なんだから、プライベートじゃなくて会社なんだから…って感じです。

 

 なんだか嫌な部分がたくさん挙げられたので、やっぱり売って正解だったように思えてきました。

 なんの不快な気持ちもなく読める作品もありますもんね。お金をかけるならそういう作品にしたい!

 

 

きっと使える英会話 〈路面凍結に注意〉

路面凍結に注意 risk of black ice

 海外での生活に慣れてきたら、ちょっと遠出をしてみようと思うかもしれない。

 そんな時、公共交通機関の利用も便利ではあるが、より利便性を求めて”車”を選択することもあるだろう。

 そして、おそらく土地勘のない場所ではカーナビ(automotive navigation system)を使うことになるだろう。

 ※カーナビのことは GPS と言っても通じるよ!

 

 車にエンジンをかけ、destination(目的地)を入力すると、画面に「risk of black ice」という表示が!

 初見では何のことを言っているのかわからないだろう。

「black ice?」(黒い氷?)って何だ?と思うが、「black ice」とは「薄氷」を意味している。

 

 road surface(路面)が透けるほど薄い氷が張った状態のことで、道路のアスファルトの色を反映して「黒」というそうだ。

 

 外気温を判断してカーナビに「risk of black ice(路面凍結に注意)」と表示されるが、そんな日は焦らずより安全運転を心がけて。

 

海外での車事情には注意しておこう!

 欧州では今でも manual transmission car(マニュアル車が主流でオートマ車の数は圧倒的に少ない。

 長期間の海外留学・赴任になると中古車の購入を検討したり、短期であるとレンタカーを借りることもあるだろう。

 そんな時、オートマ車の確保に苦労する可能性があることを知っておいた方が良い。

 自動車免許がオートマ車限定の人は特に意識しておいた方がいいだろう。

 

 もう一つ、カーナビの精度は日本のそのレベルを期待しないこと!

 日本のカーナビは地図の制度も良く、音声ガイダンスのタイミングもバッチリだが、海外ではそうもいかない。

 音声案内のタイミングが中途半端で分かりにくいこともしばしば。

 

 参考⇒読売新聞 2017.4.9

 

 

【感想】「向日葵の咲かない夏」 道尾秀介

『向日葵の咲かない夏』 道尾秀介 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

向日葵の咲かない夏 [ 道尾秀介 ]
価格:766円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)

<あらすじ>

 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝動もつかの間、彼の死体は消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。

 

<感想・ネタバレ有り>

 「小説 おすすめ」で検索するといくつかのサイトで紹介されていたので、手に取ってみました。

 人を選ぶ作品だろうなあ、というのが正直な感想。

登場人物たちが、みな歪であるというのがそういう気持ちにさせるんだろうか…。

 

 S君が生まれかわって現れるという世界観もぶっ飛びだが、これは設定として受け入れることが出来る。

 読み進めていくなかで、違和感や不快感を感じることは他にもある。

  • 3才の妹・ミカがあまりにも大人びている
  • 魔法(?)が使えるトコ婆さんとは何者なのか
  • S君がたびたび嘘をつくのはどうしてなのか

 

 事件の核心に迫ったと思ったら、S君の嘘が発覚してふりだしに戻る、の繰り返しで…。「S君は何がしたいんだ?」と思わずにはいられなかった。

 

ミステリーとしての読みごたえはばっちり!

「S君は殺されたんだよね?」

「自殺なんてするものか。僕は殺されたんだ。」

「誰に……」

「先生にだよ。僕は岩村先生に殺されたんだ」

 というS君の告白から、S君の死体さがしがスタートします。

 

 岩村先生がS君を殺した理由とは?死体はどこに、何故持ち去ったのか?

このあたりの推理合戦は読みごたえがあって、すごく面白かったです。岩村先生を尾行するシーンではハラハラしました。

 

 ただ、登場人物がみんな割とサイコパスなので、動機と行動が理解しがたいことがしばしば。

 終盤は主人公のミチオの言動もなんだかおかしくて、「実は一連の事件の犯人は僕で~す。」なんで言われたらどうしようかと心配になりました。が、それはなかったです(良かった!)。

 

 結局、どうしてS君は「殺された」だなんて嘘をついたんだろうか?ミチオが許せなかったのかな。

 それから岩村先生は事件に無関係だということが明らかになったけれど、あんな異常な性癖の持ち主なんだから、主犯じゃなくていいから関与くらいさせてあげてほしかったなあ。

 

 

【感想】 「メシアの処方箋」 機本信司

『メシアの処方箋』 機本信司 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メシアの処方箋 [ 機本伸司 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2017/4/6時点)

<あらすじ>

 ヒマラヤで氷河湖が決壊した。下流ダム湖に浮かび上がったのは、なんと古代の「方舟」だった。こんな高地になぜ文明が?

 いかぶる調査隊をさらに驚愕させたのは内部から発見された大量の木簡。それらにはみな、不思議な蓮華模様が刻まれており、文字とも絵とも判然としなかったが、なんらかのメッセージを伝えているのは確かだった。

 一体、何者が、何を伝えようというのか?

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 まず読み終えて第一声は「疲れた~!」でした。

 私の読解力の無さが原因かもしれませんが、それにしたって情報量が多すぎる。本作を読んだことがある人は、しんどくなかったんですかね?

 何度も何度も「この作品は私には早かったんじゃ…。」と心が折れそうになりながらも、なんとか読み切ることができましたよ。

 

 がっつりネタバレしますが、発見された木簡に刻まれていた蓮華模様は”何らかの生物のDNA”であることが判明します。

 これは古代人からの何らかのメッセージではないか?と主人公たちはこの生物を生み出すことに奮闘します。

 「塩基情報、コドン、アミノ酸・・・。」生物を専攻していない私には、もう目が回ってしまいそうでした。

 内容を理解できる必要はなくて、「生物の誕生は複雑なのよ~」ってことなんでしょうけど、理解の出来ない単語の羅列はなかなかしんどかったです。

 

 

 1つ気に入らないことがあって、この難しい言葉のやり取りの最中に「生物を誕生させるには一寸の狂いもあってはいけない。(だから情報をたくさんくれ!)」ってずっと言っていたのに、生命が誕生した後で、重要な情報が記されたモノが見つかって…!

 

 なんだよ~、君たちただのラッキーボーイじゃないの!って感じでした。

誕生したメシアにたくされたメッセージもわかんなかったし。解説読んでもピンとこないし…。

 

 機本信司さんの作品、好きだし面白いとは思うんですけど。スピード感もあるし。

ただ、どの作品も、最初に提示された議題と結末がちょっとずれてるよね。

 

自分の救うべき人が、自分にとっての救世主になる

だそうです。このセリフの意味は理解できるけど、こんなシーンあったっけな?